マヌカハニーの効果と使用方法をお教えします

マヌカハニーのさまざまな効果について

マヌカハニーは身体に良い効果があるということで注目を集めているハチミツですが、その効果とはどういったものがあるのでしょうか。ランキング形式でマヌカハニーの身体に良い効果をご紹介します。

新着情報

マヌカハニーの身体に良い効果ランキング

no.1

胃腸疾患を改善してくれる効果

第1位は「胃腸疾患を改善してくれる効果」です。マヌカハニーはピロリ菌に効果があると知られ、日本でも話題になりました。その効果は、ピロリ菌だけでなく大腸菌や腸球菌にも効果があるとされ、胃腸疾患の改善に役立ちます。また、マヌカハニーを食べることで善玉菌を活性化させることもでき、腸の機能を整えてくれます。

no.2

虫歯や歯周病の予防効果

第2位は「虫歯や歯周病の予防効果」です。マヌカハニーはハチミツと同じく甘いという特徴があります。しかし、このマヌカハニーの甘みは他の砂糖やハチミツに比べると虫歯の原因にはなりにくいとされており、更には抗菌作用もあるので虫歯を予防することができます。予防するにはマヌカハニーを歯などに塗り、1分ほど時間を置いてから吐き出します。その後30分はうがいや飲食を避けることでしっかりと殺菌効果を発揮させることができます。

no.3

風邪やインフルエンザを予防する効果

第3位は「風邪やインフルエンザを予防する効果」です。喉がイガイガしたり咳が出る場合に、ハチミツを舐めると良い効果があるといわれています。マヌカハニーの場合は、喉の炎症を抑える効果以外にも、ビタミンやミネラルなどの成分を多く含んでいるため、風邪やインフルエンザを予防することができます。

no.4

怪我をした際に使用できる

第4位は「怪我をした際に使用できること」です。怪我をした場合、その部分を乾燥させなければ治りが早くなると言われています。傷口に抗菌作用のあるマヌカハニーを塗れば乾燥を防ぐことが出来る上に、菌を除去が可能です。よって、早めに完治するのです。

no.5

花粉症対策ができる

第5位は「花粉症対策ができること」です。マヌカハニーが直接花粉症に効果があるということはまだわからないようですが、マヌカハニーによる整腸作用で腸内の善玉菌を活性化させ、免疫力を高めることができます。その効果により花粉によるアレルギーの症状を抑えることができるのではないかといわれています。このマヌカハニーを毎日の生活に取り入れることで、花粉症対策ができると言われているのです。

マヌカハニーの摂取方法

蜂蜜

マヌカハニーを生活に取り入れる

マヌカハニーは、毎日の食事に取り入れることで体内にも良い効果が発揮されます。食前や就寝前の空腹時に摂取するのがおすすめのタイミングです。また、1日で3~4回ほど食べることで効果を得ることができます。

マヌカハニーの食べ方

マヌカハニーを直接食べる際は、小さじ1杯ほどの量を口に含んでゆっくりと味わうように食べます。この際に口内にマヌカハニーが少量残って味がするかと思いますが、そのまましばらく飲食は控えましょう。もしマヌカハニーの匂いなどが苦手な方は、トーストに塗ったりして直接食べられるように徐々に慣れていくとよいでしょう。

マヌカハニーの使い方についてのQ&A

マヌカハニーは料理にも使えますか

マヌカハニーは料理にも使用することができますが、加熱することで効果が薄れてしまうので、なるべくは加熱しないことをおすすめします。デザートとしてヨーグルトに混ぜて食べたり、飲み物に混ぜて飲んだりしても良いでしょう。

子供にマヌカハニーを食べさせてもよいのでしょうか

お子さんの年齢が1歳未満の場合はマヌカハニーを食べさせてはいけません。一般的に食べられているハチミツ同様、乳児ボツリヌス症になる恐れがあるので、絶対に与えないようにしましょう。

消化不良にも効果はありますか

マヌカハニーは、整腸効果の他に、消化不良にも効果があります。最初は大さじ1杯の量を1日4回摂取するようにし、徐々に量を減らしていくと良いでしょう。

怪我にマヌカハニーを使う場合は?

マヌカハニーは怪我や火傷をした場合にも使用できます。その際は、まず傷口にマヌカハニーを塗って乾燥を防ぎます。その上から絆創膏やガーゼなどで包むことでしっかりと怪我のケアをすることができます。取り替えるタイミングは1日1回ですが、汚れてしまった場合などはその都度取り替えるようにしましょう。また、同じようにニキビなどの肌トラブルにもおすすめです。

[PR]

好評な黒酢にんにくサプリを公開♪
疲れにくい身体を作ろう

緑内障の基礎知識を詳しく紹介☆
目のトラブルを解消しよう

フコイダンサプリを取り入れよう
健康維持に最適☆